知的好奇心~小人の読書~

自己啓発、ビジネス、政治・経済などなど社会人として知識を蓄えられるような本の感想と目次を記していきます。 医療に関しては西洋・東洋・代替医療からスピリチュアルな領域まで幅広く読んでいます。 自己啓発系は思ってもないヒントにたくさん出会い仕事でも生活でも新しい気付きをあたえてくれます。 一個人の意見ではありますがご自身の専門分野、それ以外の分野と幅広い知識が時に役立つ事がありますので、読んでみたい本を探すきっかけになればと思います♪

【心理学】

タオ心理学/ジーン・シノダ・ボーレン

2017/01/01

タオってなんだ?ってとこから手にとってみた一冊。

ユングの共時性(シンクロニシティ)、内なる世界と外なる世界の微妙なつながりというテーマです。
人びとの繋がりという見えないところでの本質について東洋で「タオ」と呼んできた。
タオについてや、共時性については書ききれないほどの内容ゆえ、目次をみて興味を持った方は是非とも読んでみていただけたらと思う。
心理的な分野に関しては全般的に「科学」の範囲内で理論的に説明できない事が多く事柄によっては怪しいと思われる考え方や仮説が多く存在する。
ただ、それは今の科学が追い付いていないという可能性もあるわけで現在は説明ができないと捉える方が柔軟な考えだろうと思う。

スポンサーリンク

本書もくじ

第一章:タオとは何かー永遠の舞とは何か
第二章:ユング、共時性、および自己性
第三章:共時性へのアガサ・クリスティー的アプローチ
第四章:白日夢のように
第五章:意味深い出会いと共時的な縁
第六章:易経の共時的な知恵
第七章:共時性の謎についての超心理学的絵とき
第八章:こころの道としてのタオ
第九章:タオの体験のメッセージー私たちは孤独ではない