知的好奇心~小人の読書~

自己啓発、ビジネス、政治・経済などなど社会人として知識を蓄えられるような本の感想と目次を記していきます。 医療に関しては西洋・東洋・代替医療からスピリチュアルな領域まで幅広く読んでいます。 自己啓発系は思ってもないヒントにたくさん出会い仕事でも生活でも新しい気付きをあたえてくれます。 一個人の意見ではありますがご自身の専門分野、それ以外の分野と幅広い知識が時に役立つ事がありますので、読んでみたい本を探すきっかけになればと思います♪

【生活】 【科学】 【自己啓発】

脳を活かすアインシュタインの言葉/茂木健一郎

2017/01/09

タイトルを見てネットでいわゆるジャケ買いをしたのだがちょっと思っていたものと内容が違っていて残念だった(苦笑)

決して内容が悪いという事ではないので。
アインシュタインが生活の上で、また公の場で発した言葉の印象的な物が選び出されていてその胸中について的な一文が添えられている。
若干読みづらいと思ったのはこの添えられている一文が「〇〇の場で何々と発した言葉の後に続けた言葉」などというのが多いのだがそうなると結局もう一度読まなければいけない(苦笑)それを意として作られた構成なのかもしれないがちょっといらっっと来る。

そのイラッっときながらも前の文章を読み返し改めてその場面を想像しそこで放たれたアインシュタインの言葉を読む事でなるほどこういったことだったのかと腑に落ちる。

物理学の天才と言われているアインシュタインの頭のなかを旅するかのような一冊。もしかしたらこの考え方、思考法を真似したり言動・行動をまねてみたら今までとは違った発想ができるのかも知れない。

これを単にアインシュタインってこんなこと考えてたんだ~と読むのではなく自分に当てはめてみたりちょっと気に入った、もしくは使えそうという考え方を自分にインストールしてみて生活に変化が出るのかどうか?試してみるのも面白いかも知れない。

 

スポンサーリンク

本書もくじ

1章:「人生」についてアインシュタインが見抜いていたこと
2章:「人間」についてアインシュタインが知っていたこと
3章:「学び」についてアインシュタインが工夫していたこと
4章:「世間」についてアインシュタインが守っていたこと
5章:「成功」についてアインシュタインが法則化したこと
6章:「科学」についてアインシュタインが導き出したこと
7章:「理想」についてアインシュタインが信じていたこと