知的好奇心~小人の読書~

自己啓発、ビジネス、政治・経済などなど社会人として知識を蓄えられるような本の感想と目次を記していきます。 医療に関しては西洋・東洋・代替医療からスピリチュアルな領域まで幅広く読んでいます。 自己啓発系は思ってもないヒントにたくさん出会い仕事でも生活でも新しい気付きをあたえてくれます。 一個人の意見ではありますがご自身の専門分野、それ以外の分野と幅広い知識が時に役立つ事がありますので、読んでみたい本を探すきっかけになればと思います♪

【心理学】

ゾーンに入る技術/辻秀一

2017/01/09

スポーツ選手で多く聞く体験の一つに「ゾーンに入った」と言うものがある。

野球であればボールが止まって見えるとかシュートが必要なスポーツでゴールまでの軌道がイメージできるなど。
将棋などの集中力が必要な時にも発揮する。
著者はメンタルトレーニングを専門とするドクターでこのゾーン状態を普段から作りやすいようにしておくことでいつでも(これは大げさかもしれない)ゾーンに入れる脳を作っておこうという事。
一般人にはあまり関係ないように思えるがそんなことはない。自分が興味を持って取り組んだことがあっという間に終わったなどと言う体験がまさにゾーンに入っていたという事。
日常での考え方というか心がまえというか表現は難しいがある程度のトレーニング(習慣づけと呼ぶ方がストレスなくできると思う)で普段の生活がより楽しく効率的にできる。

 

スポンサーリンク

本書もくじ

第一章:圧倒的な結果は集中で決まる!
第二章:「ゾーン」はいつやってくるのか?
第三章:集中脳を作る「バイブレイン」
第四章:一流の人の集中の習慣
第五章:常に最高のパフォーマンスを実現する脳の作り方