知的好奇心~小人の読書~

自己啓発、ビジネス、政治・経済などなど社会人として知識を蓄えられるような本の感想と目次を記していきます。 医療に関しては西洋・東洋・代替医療からスピリチュアルな領域まで幅広く読んでいます。 自己啓発系は思ってもないヒントにたくさん出会い仕事でも生活でも新しい気付きをあたえてくれます。 一個人の意見ではありますがご自身の専門分野、それ以外の分野と幅広い知識が時に役立つ事がありますので、読んでみたい本を探すきっかけになればと思います♪

【心理学】

脳科学より心理学/和田秀樹

2017/02/05

ここ数年脳科学が本当に流行っているように思う。脳科学ってなんだ?ってところだが、脳の機能(PCで言うところのハード)を使って頭が良くなることをする(本書では無理があるという事を言っているが)一方、心理学はPCで言うところのソフト。

何か行動を起こす時にどちらを使う方が早くて良いか!?心理学の良さアピールです(笑)
脳科学は解剖などして客観的な観察ができるゆえ科学的裏付けが取れている安心感がありますが、心理学は主観的観察といいますか実証を得るための科学的裏付けというのはできないところがこの差を生んでいます。
ハードである脳の機能はそんなに大差ない。だからソフトである部分を上手に使う事によってハードの機能を存分に使いこなせば頭がよくなる。かなり大雑把にこういう事です。
どんな社会でも必ず人と人とが触れ合って活動しているのでこの心理学の基礎は学んで損はない情報だと思います。

スポンサーリンク

本書もくじ

プロローグ:脳科学ブームは、前時代的な幻想である
第一章:心理学は、脳のソフト全般を扱う科学である
第二章:脳科学の限界
第三章:心理学で頭を良くする
第四章:やる気の心理学
第五章:心理学をビジネスに応用する