知的好奇心~小人の読書~

自己啓発、ビジネス、政治・経済などなど社会人として知識を蓄えられるような本の感想と目次を記していきます。 医療に関しては西洋・東洋・代替医療からスピリチュアルな領域まで幅広く読んでいます。 自己啓発系は思ってもないヒントにたくさん出会い仕事でも生活でも新しい気付きをあたえてくれます。 一個人の意見ではありますがご自身の専門分野、それ以外の分野と幅広い知識が時に役立つ事がありますので、読んでみたい本を探すきっかけになればと思います♪

【自己啓発】

「人材」と「お客」はいくらでもつくられる/高塚猛

2017/03/05

著者の高塚氏はアルバイトで入ったリクルートから数々の経験を経てプロ野球球団のダイエーホークス、シーホークホテル&リゾート、福岡ドームの事業を任され78億の赤字を1年半で3億に圧縮した平成の再建請負人の異名を持つ方だ。

内容は主にリーダーシップ。いかに部下とコミュニケーションをとり仲間の力で会社を動かすか?管理者としてのモチベーションや社員の技術、能力の管理、判断をしていく術を独自の視点で述べている。
大事だと思うのは相当の勇気が必要であるという事。当たり前だが小心者には勤まらない。

スポンサーリンク

本書もくじ

第一章:社員が変われば会社は変わる
第二章:「人材」と「お客」はこうやってつくる
第三章:やる気になったら部下はいまの三倍働く
第四章:「安住」こそ人をダメにする
終章:「企業は人なり」